ニキビ クレーター

ニキビクレーターを改善する3つのポイント

ニキビクレーター改善するポイントを紹介

ニキビクレーターを改善する為のポイント
ニキビクレーター肌の種類と原因は!?
ニキビクレーターに効果的な洗顔料の選び方
ニキビクレーターに効果的な化粧品の選び方

の3つのポイントを押さえて、ニキビ跡のクレーター肌を解消しましょう!!


ニキビクレーター肌の種類と原因は!?

ニキビクレーター 原因

ニキビやニキビ跡に関する悩み、トラブルというのは、男女差、年の差関係なく多くの人が経験していることです。さて、そんなニキビ跡のなかでも改善するのがもっとも難しいとされている「クレーター肌」について、ここでは詳しく見ていきたいと思います。

 

【クレーター肌を改善するには、原因を知ることが重要】

 

クレーター肌を治したいと思うのなら、まずは原因を知ることから始めなければなりません。原因が分からなければ、対策を練ることもできないからです。クレーター肌の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

もっとも多いのは「ニキビ跡」によるクレーター

ニキビ,クレーター ニキビによるニキビクレーター

 

クレーター肌というのは、肌の表面がデコボコとしている状態をいいます。その見た目が月のクレーターのようから、クレーター肌と呼ばれるようになりました。お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の吉田さんを思い浮かべてみてください。クレーター肌というのは、吉田さんのような肌のことです。吉田さんは自身のクレーター肌をお笑いのネタにしていますが、お笑いの道に行くまでは相当なコンプレックスだったのではないかと思います。

 

そんなクレーター肌の原因としてもっとも多いのは、「ニキビ跡」によるものです。ニキビができやすい人というのはいますが、ニキビができやすい=クレーター肌になるというわけではありません。ニキビができやすくても、クレーター肌にはならずにキレイに治っている人もたくさんいますよね。
では、なぜクレーターになってしまうのでしょうか。クレーターは、ニキビを潰したときの肌の炎症が、肌の奥深くにまで浸透してしまったために起こります。肌の受けたダメージが相当なものだった、ということです。
もう少し詳しくお話ししましょう。毛穴に皮脂や汚れなどが溜まって炎症を起こすと、ニキビになります。ニキビの種類はいくつかありますが、痛みを伴う赤ニキビであることが多いです。そのニキビを治すため、原因菌であるアクネ菌と、体内の白血球が戦い始めます。このときニキビを治すためにコラーゲンが作られるのですが、コラーゲンの量が多い、コラーゲンが異常なことがあります。このときにできる瘢痕組織が、毛穴の形を残したままだと開いて見え、毛穴が大きく損傷を受けるとへこんだ形になります。これがクレーター肌というわけです。瘢痕組織そのものはケガを治すときにも作られるものなので、決して悪いものではありません。
ニキビを治すときにクレーターになってしまうかどうかは、「毛穴が損傷を受けるかどうか」にかかっていると言っても過言ではありません。毛穴が損傷を受けてしまう多くの理由が、ニキビをむりやり潰してしまうことにあります。確かにニキビがあるのは目立ちますし、なんとかして目立たなくしたい!と思うことでしょう。しかしニキビを潰すのは絶対にやってはいけません。特に炎症を起こしている赤ニキビを潰すと、ほぼ確実にニキビ跡が残ります。数日間ニキビを我慢するのと、ニキビ跡と付き合うのと、あなたはどちらを選びますか?

 

毛穴の開きによるクレーター

ニキビ,クレーター 毛穴によるニキビクレーター

 

クレーター肌の主な原因はニキビによるものですが、毛穴の開きが原因でもクレーターになることがあります。毛穴トラブルというのは、どの世代でも多い悩みの1つです。毛穴の開きや黒ずみなど、経験したことのある人もいるでしょう。毛穴に皮脂などが詰まって炎症を起こすとニキビになるわけですが、毛穴に皮脂や汚れが詰まっているだけでも毛穴は開いていきます。毛穴の古い角質が詰まって、「角栓」となります。角栓になると、除去するのはとても大変です。ふつうの洗顔では落とすことはできません。
この状態が長く続くと毛穴が目立つだけでなく、毛穴がたるんで「たるみ毛穴」になることもあるんですよ。「毛穴の開きはたるみ毛穴にはなるけれど、クレーター肌にはならないんじゃない?」と思った人もいるでしょう。しかし、そんなことはありません。角栓をむりやり引っこ抜いていたり、角栓を除去したあとの肌のケアを怠っていると、クレーター肌になることがあるのです。角栓を抜くとにゅるっとした白い芯のようなものが出てきます。うまく抜けるとそれはそれで快感なので、思わず何度もやってしまいたくなるでしょう。しかし、このときに毛穴の周辺の組織や皮膚を傷つけてしまうことがあります。こうなると、先ほどニキビのところでお話ししたとおりです。毛穴を大きく損傷してしまうため、へこんだ形の跡が残ってしまいます。
毛穴の開きが原因のクレーター肌のポイントは、毛穴のケアをきちんと行うということです。たかが毛穴だと思っていると、後々取り返しのつかないことにもなりかねません。毛穴の詰まりはピーリングや酵素洗顔などでやさしく除去し、除去したあとはしっかりと保湿をすることです。紫外線のケアも怠ってはいけません。また、角栓を爪やピンセットでむりやり引っこ抜くのは絶対にNGです。どんなに上手に行っても、肌への負担は計り知れないものがあるのです。

 

肌荒れが原因のクレーター肌もある

ニキビ,クレーター 肌荒れ

 

もともと敏感肌だという人もいれば、季節の変わり目になると肌の調子が変わるゆらぎ肌の人もいます。最近では、アトピーやアレルギー性皮膚炎などを患っている人も増えていると聞きます。そんな人たちに共通しているのが、肌荒れです。空気の乾燥する冬は、肌荒れでかゆみを感じることもありますよね。このときに無意識に掻いてしまったり、荒れたまま放置してしまっていませんか?顔の皮膚というのはとてもデリケートで、少しの刺激も受けやすいです。紫外線や化粧品などの成分によって荒れることもあります。このような「肌荒れ」が原因で、クレーター肌になることもあるんですよ。
肌荒れくらい仕方がない、いつものことだと思って安易に考えていると、肌荒れの跡がクレーターとして残ってしまうかもしれません。
ここでのポイントは、自分にとって刺激となるものが何なのかを知っておくというところにあります。季節性のものなのか、それとも化粧品の成分が合わないのか、肌荒れが起こる原因というのは人それぞれ違います。できるだけ肌荒れそのものを起こさないようにすることが、クレーター肌を改善する近道だと言えるでしょう。もしも肌荒れが起こってしまったときは、適切なケアを行います。乾燥などが原因なら、保湿重視のスキンケアをすることで随分よくなるはずです。あまりにもひどいときには、皮膚科で専門的なケアを受けることも検討してみてください。

 

・まとめ

 

クレーター肌の原因は主に3つあります。あなたのクレーターの原因は何だったでしょうか。原因が分からなければ、適切な処置は行えません。まずは自分のクレーターの原因を知ることから始めましょう。


ニキビクレーターに効果的な洗顔料の選び方

ニキビクレーター 洗顔料

ニキビ跡がクレーターのようなデコボコになって残ってしまうと、かなり目立ってしまいます。女性はもちろん、最近は美意識の高い男性も増えてきましたので、「クレーターをなんとかしたい!」と思う人も多いのではないでしょうか。

 

 

ニキビ跡によるクレーターは、遠くからでもはっきりと分かるほど肌の状態としては「ひどい」ものです。クレーターを個人のケアで改善することは難しいと言われていますが、個人のケアというのはとても大切なことです。特に洗顔は、クレーター改善の基本中の基本だといえます。そこでここでは、「洗顔料」にフォーカスを当て、クレーター肌に効果的な洗顔料の選び方をご紹介していきましょう。

 

【クレーターの洗顔は「肌に刺激を与えない」ことが基本である】

 

クレーター肌というのは、肌の内部にまでダメージが浸透してしまっている状態です。今でこそ痛みもかゆみもないでしょうが、ニキビができたときのダメージを思い出してみてください。相当なものだったのではないでしょうか。そのニキビを治すために炎症が広がった結果が、今あなたの顔にあるクレーターなのです。
クレーターはそんなダメージが蓄積された状態なわけですから、今以上にダメージを与えることをしてはいけません。お肌というのは非常にデリケートなものですので、ほんの少しの刺激でもダメージになってしまうこともあるんですよ。
クレーター肌に効果的な洗顔料は、「肌への刺激を与えない」ことが鉄則なのです。

 

合成界面活性剤の含まれていないもの

 

クレーターというのは、肌の表面に傷がついているわけではなく、肌の内部にまでダメージが広がっている状態です。これは、肌の深層部にあるコラーゲンがダメージを受けてしまっているともいえます。本来洗顔料というのは「顔の汚れを落とす」ためのものです。汚れが残っていると、新たなトラブルを招くことにもなりかねません。
しかし、洗浄力の強すぎるものはおすすめできません。やはり、肌への刺激となってしまうからです。一般的な洗顔フォームに含まれる成分には、石油由来の洗浄成分である「合成界面活性剤」があります。これはドラッグストアなどに並ぶ安価なシャンプーなどにも使われているもので、決して珍しいものではありません。「コストを抑えてしっかりと汚れを落とす」という点だけで見れば、合成界面活性剤の右に出るものはいないでしょう。それほど、安くて強い洗浄力を持っています。
しかしクレーターの改善において、この強さは命取りとなりかねません。もともとの自然界には存在しない成分ですから、肌への刺激となることは言うまでもありませんよね。クレーターを改善したいと思うのなら、まず「合成界面活性剤」の含まれていないものを選ぶ必要があると言えるでしょう。
ドラッグストアなどで買える洗顔フォームと呼ばれる洗顔料には、ほぼ必ず合成界面活性剤は含まれています。天然の洗浄成分が含まれている洗顔料だと、「石鹸」や「クレイ洗顔」などが有名ですね。そして、通販限定のもののほうが、合成界面活性剤を使用していない洗顔料というのは多いです。クレーターに効果的な洗顔料を選ぶときは、合成界面活性剤の含まれていないものからピックアップして選んでいくといいでしょう。

 

コラーゲンダメージに働きかける洗顔料

 

先ほどもお話ししたように、洗顔料の最大の目的は「汚れを落とす」ことです。これはクレーターであっても、そうでなくても変わりません。しかし、クレーター肌はコラーゲンがダメージを受けてしまっているのです。ですから、できることならコラーゲンの修復作用のある洗顔料を選びたいところ。そして、もちろん「新たなニキビを作らない」ことも忘れてはいけません。クレーターができる原因はニキビ跡で、そのニキビ跡ができる原因はニキビです。クレーターを作りたくない!なんとかしたい!と思うのなら、同時にニキビ対策も必須だといえますよね。
そこで洗顔料の選び方としてポイントとなるのが、「汚れを落として肌の内部に成分を届ける」ことができる、ということ。ニキビができるのは毛穴に汚れが詰まることですので、
・汚れを落とす
・潤いを与えて毛穴を引き締める
ことのできる洗顔料が、クレーターには効果的だと言えるのです。ダメージを受けたコラーゲンを修復する効果のある成分(プラセンタやヒアルロン酸など)を含むものだと尚いいでしょう。これらの成分を肌の奥にまで届けるためには、肌の表面に汚れが残っていたのではいけません。潤い成分ばかりに注目し、洗顔料の本来の役割である「汚れを落とす」ことがおろそかにならないように選んでくださいね。
おすすめは、Non.A(ノンエー)というニキビケア専用の洗顔料。濃密な泡洗顔でやさしく汚れを落とし、ヒアルロン酸やローヤルゼリーといった有効成分を肌のダメージにしっかりと届けてくれます。キメの細かい泡なので、撫でるだけで汚れを落とすことができますよ。テレビ番組で紹介されたこともあり、口コミでも大人気の商品です。クレーターの改善では、今あるクレーターはもちろん、新たなクレーターを作らないためのニキビケアも欠かせないのです。

 

洗顔のやり方を今一度おさらい!

 

せっかくクレーターに効果的な洗顔料を選んでも、使い方がいまいちでは本来の効果を得ることはできません。洗顔は毎日行うことなので、意識して行っている人はあまりいないかもしれませんね。しかし、洗顔のやり方というのは、クレーター改善においてもっとも重要なことなんですよ。
「洗顔のやり方なんて知ってるよ…」という人もいるでしょうが、改めておさらいしておきましょう。

 

・洗顔するときは34〜35℃くらいのぬるま湯で行います。
・洗顔の回数は朝晩の2回のみ。
・しっかりと洗顔料を泡立て、泡で洗います。手が直接肌に触れることのないように!
・20回以上、じゅうぶんにすすぎます。すすぐときも、手で顔をこすらないように気を付けてください。
・清潔なタオルを軽く押し当てて水分を取ります。

 

クレーターで悩んでいる人はニキビができやすい人でもあるため、1日に何度も洗顔をしてしまう人もいます。洗顔のしすぎは肌に必要な皮脂まで落としてしまうので、洗顔は朝晩の2回のみにしてください。

 

・まとめ

 

クレーターに効果的な洗顔料の選び方についてご紹介してきました。クレーターに効果的な洗顔料を選ぶときのポイントは
・肌に刺激を与えないこと
・合成界面活性剤の含まれていないものであること
・同時にニキビケアもできること
この3つです。

 

クレーターを改善するのは、簡単那古とではありません。簡単ではないからこそ、地道なケアが必要なのです。洗顔はスキンケアの基礎であり、クレーター改善の基本です。高品質の洗顔料を選ぶと同時に、正しい洗顔の方法をしっかりと身につけていくことが大切です。


ニキビクレーターに効果的な化粧品の選び方

ニキビクレーター 化粧品

ニキビ跡のもっとも重症な症状でもあるクレーターに、悩まされている人は多いです。クレーター肌は月の表面のように肌がデコボコしてしまっている状態で、見た目も汚ならしく、さわり心地も良くはありません。クレーターは隠すのにも限界があるので、多くの人の悩みの種となっているのです。

 

 

そんなクレーターをすぐに治す方法はありません。残念ながら、クレーターを治すには何年という長い月日が必要になることを覚悟しておいてください。赤ちゃんの肌のようなきれいな状態にすることは難しくても、地道なケアを続けていけば「クレーターを目立たなくする」ことは可能だといえます。そのためには、やはり日頃のケアとして行うスキンケアがかなり重要になると言えるでしょう。
とはいうものの、今は本当に多くの基礎化粧品が販売されていますので、どれを選べばいいのか分からないという人もいますよね。星の数ほどもある化粧品の中からどんなものを選べばいいのか、ここではクレーターに効果的な化粧品の選び方をご紹介していきます。

 

【クレーターに効果的な化粧品は、「肌の土台作り」に焦点を当てたもの】

 

どんなにいい化粧品、高級な成分を配合した化粧品であっても、それが肌の表面にしか届かないのではクレーターには意味がありません。なぜなら、クレーターというのは肌の奥にまでダメージが及んでしまっているからです。肌の表面に潤いを与えると、肌の状態が良くなったように感じますが、それは間違いです。表面の潤いというのは一時的なものでしかなく、クレーターにはまったく効果がありません。
そのため、クレーターに効果的な化粧品選びは「肌の土台作り」に焦点を当てたものであることが必須となるのです。

 

浸透率に優れたものを選ぶ

 

肌の土台作りのできる化粧品というのは、浸透率に優れているということでもあります。私たちのお肌はいくつもの「層」から成り立っているわけですが、クレーターのダメージはその奥深くのコラーゲンの層にまで及んでいます。つまり、しっかりと肌の奥まで成分が浸透しなければ意味がないのです。
肌の水分の蒸発を防ぐものを選びましょう。おすすめは、セラミドの含まれた化粧品です。セラミドは保湿成分の1つで、最近では多くの化粧品にセラミド配合のものがでてきています。セラミド配合の化粧品は高級だというイメージもありましたが、わりとお手頃価格で手に入るものも増えてきたんですよ。セラミド配合の化粧品のなかでも、「ヒト型セラミド」のものを選んでみてください。ヒト型セラミドは、文字通りヒトの肌にあるセラミドのことなので、浸透率は抜群です。しっかりと肌の奥にまで届きますから、クレーターによってダメージを受けたコラーゲン層にまで届けることができるでしょう。
セラミドというのは、細胞同士をくっつける接着剤の役割をしています。積み木をただ重ねていっただけでは、水分を流したときに積み木同士のすきまから水分が流れていってしまいますよね?しかし、接着剤で積み木を固定していたとしたらどうでしょう。積み木の同士のすきまから水分が流れ出ることなどありません。セラミドには、このように水分の蒸発を防ぐ接着剤としての働きがあるのです。
クレーターの改善において、肌の水分の蒸発を防ぐというのはとても重要なポイントです。ただでさえダメージを受けていて水分が少ないわけですから、これ以上水分を減らしてはいけませんよね。

 

ターンオーバーを正常に促す化粧品

 

クレーターがいつまでも肌の表面に残っているのは、お肌のターンオーバーが乱れているからです。ターンオーバーが遅くなり、古い角質がいつまでも肌の表面にとどまってしまうのです。これでは化粧品の成分も浸透しにくくなりますし、クレーターの改善はできません。
では、どうしたらターンオーバーを整えることができるのでしょうか。もちろん生活習慣を整えることも必要ですが、スキンケアなら「保湿」と「紫外線対策」がキーワードになるでしょう。
クレーターの肌は健康な肌と比べると水分保持量も少なく、乾燥しています。乾燥を自覚していない人もいるかもしれませんが、肌の内側は乾燥していると思っていてください。肌が乾燥していると、ターンオーバーはどんどん遅くなっていくのです。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことで、通常なら約28日周期でターンオーバーは行われています。ターンオーバーがしっかりと行われていれば、時間の経過と共にお肌はきれいになっていきます。クレーターの場合はターンオーバーだけで改善するものでもないのですが、ターンオーバーが乱れていると余計に改善しにくくなるでしょう。保湿成分だけでなく、肌に水分を留めておけるための成分、水分保持能力のある成分も一緒に与えてあげることが大切です。コラーゲンの生成を助ける働きのある、ビタミンC配合のものもおすすめですよ。

 

実際にクレーターにおすすめの化粧品は?

 

では、口コミなどを元に実際にクレーターに効果的、おすすめの化粧品をいくつか紹介していきましょう。ここでは3つ紹介します。
・リプロスキン
・薬用アクレケア
・ビーグレン ニキビケアプログラム

 

リプロスキンは、言わずと知れた導入型柔軟化粧水です。肌を柔らかくする、ブースターとしての役割があります。リプロスキンだけでも保湿は申し分ないのですが、リプロスキンはあくまでも「ブースターの代わり」として使ってください。リプロスキンのあとに手持ちの化粧品を使うと、浸透率が違うことに驚くかもしれませんよ。

 

薬用アクレケアは、クレーターのような凹凸肌を、ターンオーバーのサポートと保湿の両方から支えてくれます。今あるクレーターだけでなく、今後クレーターができにくい肌へと導いてくれることでしょう。おためし価格では30mlで4,167円と、ちょっと値段が高めです。

 

ビーグレンは、サイエンスコスメとして知られていますね。ニキビケアプログラムでは、圧倒的な浸透率と高濃度のビタミンCを配合しています。ニキビケアプログラム以外にも多くのプログラムがありますが、どのプログラムでも洗顔料からクリームまでがセットになっていますよ。他の化粧品とは明らかに浸透率が違いますので、クレーターの改善にもおすすめだと言えるでしょう。

 

どの化粧品を使えばいいのかわからないという人は、ここで紹介した3つの化粧品を参考にしてみてくださいね。

 

・まとめ

 

ニキビクレーターに効果的な化粧品の選び方をご紹介してきました。化粧品選びのポイントは、
・土台作りに焦点を当てたもの
・浸透率の良いもの
・ターンオーバーを促すもの
この3つです。
クレーターは化粧品だけできれいに治すことは難しいのですが、まずは「目立たなくする」ことを目標に取り組んでいきましょう。化粧品でのケアは、クレーターの改善には欠かせないものですよ。


ニキビクレーター完全ガイド┃凸凹肌を目立たなくする方法は?について
ニキビ跡の中でもみかんの様にお肌が凸凹になってしまうニキビ跡のクレーター肌は、一般的な赤ニキビや白ニキビと違って、治す事が難しい種類の肌トラブルです。 みかん肌やクレーター肌と呼ばれる症状は、ニキビの炎症が肌の奥(真皮)までダメージを与えてしまい、新しい皮膚を作るための作業の、ターンオーバーが出来ない状態です。 ニキビ跡のクレーター肌を治す為には、美容皮膚科やエステに行かないとダメなんじゃない!?と思っている方は沢山いると思います。 確かに、専門家の方に治療して頂いた方が確実に治るかもしれません。しかし、美容皮膚科やクリニックで行われるケミカルピーリングやレーザー治療は、保険適応外の為1回の治療に数万円を1年から2年かかってしまうことがあります。しかも、掲示板などで調べると何年通っても効果がなかった人もいる様です。 ニキビクレーターを目立たなくする方法は!?では、デメリットの少ない自宅で出来るスキンケア方法やニキビ化粧品の選び方を紹介しています。 ニキビ跡のクレーター肌は他のニキビと同じスキンケアをしても目立たなくなりません。この症状をセルフケアする為には、規則正しい生活や食事も大切ですが、ニキビクレーターに効果的なスキンケア用品を選ぶことが最も重要です。クレーター肌をセルフケアする為には、長い時間がかかるので、化粧品選びのポイントを間違えてしまうと、時間やお金をたくさん無駄にしてしまいます。 例えば通販で買える化粧品でも、効果は弱いですが病院の治療で行われる様なケミカルピーリングが出来る洗顔料や、クレーター肌に効果的な高濃度のビタミンC誘導体が入った化粧品など沢山の商品があります。 病院やクリニックなどで診察してもらう前に、手軽にできるセルフケアを試してみませんか!?
更新履歴